2005年08月28日

「内村プロデュース」ついに幕を下ろす。


 ショック!!!


 「内村プロデュース」9月いっぱいで終了。
 前々からそういう話は出ていたので改めて驚くこともなかったのですが、やはりヘコみます。
 キング・オブ・バラエティ。
 芸人がその芸を競うという、じつはありそうでなかった完全に芸人主体の番組。それゆえ芸人にとってはタイト。すなわち芸人としてのポテンシャル、応用力の差が如実に表れるからだ。
 素人をイジる番組や企画ありきの番組ばかりの中でほとんど唯一笑いを生み出すことに全身全霊を賭け、真にくだらないことにも敢然と立ち向かった誇り高い番組でした。玉職人とかほんとくだらなすぎるよ(笑)。

 芸人の新たな魅力も引き出したよね。
 TIMのレッド吉田のナンセンス5文字ギャグ「チェビックス!」とか「トントン、ワシントン!」とか。あんなギャグやるヤツだとは思わなかったもん。内P見てはじめて、レッドおもしろいって思ったし(笑)。
 さまぁ〜ず三村のボケもそうだ。たいがいツッコミはボケてもつまらない。三村はおもしろいボケを連発した。ま、彼のツッコミ自体元々ボケみたいなものであったのだが(笑)。

 深夜枠でありながら5年半もやったわけで、そういう意味では大健闘。私は初回からほぼ逃さず見てきたので感慨深いものがある。毎週腹の底から笑わせてもらった。感謝。と同時にこれからバカ笑いできる番組がなくなってしまって途方にくれてるところ。

 たとえばネタ番組にしても「エンタの神様」なんかは正直ダルい。女、子供向けの笑いだ。
 「内P」なきあと、「笑い」を生み出してくれそうなのは同局の「しりとり王」くらいだな。昨日の板尾創路「独りしりとり」も抜群におもしろかった。
 
 新たなお笑い番組誕生を願う。



posted by rino at 16:22| Comment(1) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

阿部知代と豚トロについて。


 「とんねるずのみなさんのおかげでした」を見た。
 フジテレビアナウンサーの阿部知代さんのキレイなおみ足に驚いた。もう四十過ぎてるんでしょ? すばらしいじゃない。イイ女だと思う。
 年の差15歳。俺的にはオッケーです。連絡待ってます(←アホ)
 でも、なんで結婚できない(しない)んだろうと疑問。
 ま、そんなことどうでもいっか。人生いろいろ、男もいろいろ、女だっていろいろ、咲き乱れてる、ってか。

 食わず嫌い王は、堂本剛優香の対決。
 堂本剛の生春巻きは容易に読めたが、優香のオニオンスライスはわからんかった。
 豚トロだと思ってた。いや、俺が苦手なだけなんだけどね(笑)。なんか、脂脂した感じがどうも……。

 剛とは友達になれそうな気がする。
 俺も出不精だからさ。ギターやってるし、誕生日は4ヶ月しか違わないし、でも、ルックスは天と地ほどの差があるけど(笑)。連絡待ってます(←アポ)。
 剛と友達になれたらキンキに曲提供できて印税ガッポガッポなんだけどなあ。そんなことを夢見てる台風の夜。


posted by rino at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

「かま騒ぎ」で暴露合戦。

 
 深夜はずっとフジテレビの「25時間テレビ」を見てました。

 「真夜中の大かま騒ぎ」では今年もまた極楽とんぼ山本がロンブー淳の女関係を暴露してた。
 去年の暴露は衝撃的だったからね。
 坂下千里子が四股していたというヤツ。
 あれで、千里子は仕事が激減しちゃったもんなあ。
 完全に営業妨害。事務所は訴えたらいいのに、って事実だからそりゃマズいか(笑)。
 ま、俺は「王様のブランチ」に出てたころから千里子のことは嫌いだったから、やっぱそーゆー女だよなあ、って妙に納得したものです。彼女の発言とかテレビで見てて、ああ、嘘っぽいなあ、打算で生きてそうだなあとか思ってたから。
 じつはあの暴露って明石家さんまのせいでもあるんだよね。
 山本がヒントとして、ばっちりチリ足(だっけ?)、っていう千里子が有名になったCMの真似して、片足を上げたようなのだが、そこはカメラに映ってなかった(カメラマン、スイッチャーは意図的に映さなかった?)。
 それを、だれ?だれ?、とか言ってさんまが堂々と片足上げるポーズがもろカメラに映ってそのままCMへ、みたいな感じだったと思う。

 で、今回は「うまッチ」。
 ああ、


     

     若槻千夏 PRESENT



 若槻千夏 ね。
 もうみんな知ってるんじゃない? 「フラッシュ」だか「フライデー」だかに載ったことあるし。
 
 深津絵里 を追いかけてる話は面白かった。
 深津はインテリ好きだから、淳じゃ無理じゃねーか?(笑)

 淳も反撃して山本のフラレタ話を。
 大沢親分の孫娘、


     

     大沢 あかね

     大沢あかね サンキュ



 大沢あかね
 あとは、椎名ってどの椎名?
 椎名法子か?

 いずれにしても、鈴木亜美 にフラレタ話は超えないだろうな。あれは傑作だった(笑)。


 いちばんかわいそうだったのが、加藤浩次。
 サッカーのコンフェデレーションズカップの取材でドイツに行った際、風俗に行ったことを岡村にバラされてた。
 対戦相手は「セルビア・モンテネグロ(旧ユーゴスラビア)」(笑)。

 しかもそのあと、加藤の家が中継に出て、奥さん登場!
 ま、芸人としてはオイシイだろうけど(笑)。

 風俗ぐらいならいいじゃんって思うんだけれど、ダメ?
 浮気相手ができて恒常的に関係を続けられるよりマシだと思うんだけれど。

 カンニング竹山は嫌いなので、その浮気話は鬱陶しかった。ブ男の話は気持ち悪い。そんな男に抱かれる女はもっと気持ち悪い。容姿ではなく、内面がね。
 ……ア○ルねえさんは面白かったけど(笑)。
posted by rino at 19:50| Comment(0) | TrackBack(1) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

「史上空前!笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ’05」



 いつのまにか寝ちゃってた。前半の3組見てない。
 でもいちばんのお目当ては大竹のネタだったから関係ないけど・・・。
 以前書いたように、期待できるのはさまぁ〜ずだけだったし、結果も予想通りだったようだし。
 予想外の健闘は「ウド・川田」コンビ。ツボに入ったわ〜(笑)。
 見た感じ、松本人志は「大竹・蛍原」コンビをいちばん評価していたかな。
 私は大竹好きなんで、ツボ入りまくり(笑)。もうひと笑いあれば完璧だったかな。
 ココリコ田中のネタも面白かった。動きがあったり、わかりやすさがいちばんあった。
 5組を見終わっての優勝予想は「田中・三村」コンビ。志村けんがベタ好きなんで、大竹の笑いがちょっとわかりにくいだろうなぁ、と思って。で、予想通りでした。

 次やるんなら演者のレベルを上げないと単なる余興に終わっちゃう。スベった2組は有名だから許された感じ。

posted by rino at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

初笑い。


 
 内P元旦スペシャル、さっきビデオで見て大笑い!

 
 くだらなすぎるぞ、裸祭り(笑)


 タマ職人って、放送していいのかよ! 抗議殺到の予感、でもバカ笑い!
 あの三村の凛々しい表情がいいねぇ。まさに、職人(笑)。

 今年もこの調子で(くだらないままで)ガンガンいってほしいな。

 
 内Pサイコー!
posted by rino at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

アンタッチャブル優勝。



 M−1グランプリはアンタッチャブルが優勝しました。
 ちょっと一組だけレベルが違ったね。
 アンタッチャブルはけっこう前からオモロイなぁと思ってました。「ゲームウェーヴ」とか見てたしね。
 ここ一年でさらに芸に磨きがかかって、文句なし、断トツの優勝だと思う。客の反応からしてぜんぜん違うもん。最初から最後まで笑いっぱなし。だいたい漫才っていうのは徐々に徐々に積み重ねて加速していって笑いを生み出していくんだけど、彼らは最初からつかんじゃうもんね。
 ほんとすごいよ。正直漫才で、ネタでこんなに力があるとは思わなかった。昔は海砂利水魚(くりぃむしちゅー)のコピーだったのにね。ネタじゃ完全に追い抜いちゃったよ(笑)。

 歴代の受賞者、中川家、ますだおかだ、フットボールアワーと比べて彼らがいちばん違うのは、テレビで成功する素養を持っているという点。ネタだけじゃなくて、しゃべりの能力が高い。とくに柴田。いまは若手という枠だから、勢いよく元気よくって感じだけど、もうちょっと落ち着いたしゃべりも出来るようになれば、番組の仕切りを任せられる人材だと思う。これからどんどんテレビへの露出が増えることでしょう。

 そのほかのコンビの感想も。
 南海キャンディーズ。
 初めて見たんだけど、めちゃめちゃ面白かった。ツッコミのコは相当上手いよ。

 「中盤でトリッキーなことするなよ!」

 今日のイチオシ(笑)。
 純粋に漫才かというとちょっと微妙。でも面白いからいいか。
間はちょっと悪いところがある(女の子の方)。ネタのもっていき方、構成も良くない。もったいないなぁ。ネタの構成に関しては麒麟のほうがはるかに上手い。
 ボケの女の子のキャラクターに拠るところが大きいので、これからが正念場かな。単純にキャラを生かしたネタだけではなく、もうちょっと幅のあるネタが作れるかどうかだね。

 麒麟は、ツッコミのコの滑舌が悪いなぁ。二人とももうちょっと滑らかなしゃべりをしないといけない。ネタの作り方は上手いので、もうちょっと的確なしゃべりができればもっとドカンとウケると思う。

 笑い飯は期待はずれ。
 かわいそうなのが、過去2回の出場で強烈なインパクトを与えすぎた点。おんなじことをやらないようにして失敗した感じだね。ワンパターンになるのを本人たちが嫌った感じ。ちょっと生真面目すぎたかな。

 来年こそは笑い飯が優勝できるかなぁ。

posted by rino at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

今週のヒット賞。



(内村プロデュースより)


 
 波田陽区と彼のフィールドで対決。


 
大竹 「 私 年寄りです

    『席を譲って頂戴よ』 って言うじゃな〜い?」


     
     


     「 私 どきませんから!
 
      
        ここから2時間かかりますから!

      疲れちゃいますから!
   斬り! 」




 
 もぉ大爆笑!

 さすが大竹。おもろいなぁ♪
 三村の 「犬のぉ、ソ、ナ、タぁ♪ 犬のぉ、ソ、ナ、タぁ♪」も好きだったけど(笑)。

posted by rino at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

どぉかなぁ?



ダウンタウンの番組で芸人9人シャッフル
  
 ダウンタウン司会のTBS「史上空前! ! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ’05」(来年1月4日午後9時)の組み合わせ抽選会が8日、都内で行われた。若手人気芸人9組をシャッフルして、8組16人の新コンビで優劣を競う。賞金500万円。注目は出川哲朗(40)とロンドンブーツ1号2号の田村淳(31)コンビ。出川は「ツッコミとしてリアクションを封印します」と宣言した。ほか7組は宮迫博之&天野ひろゆき、山口智充&上田晋也、ゴリ&田村亮、田中直樹&三村マサカズ、大竹一樹&蛍原徹、ウド鈴木&川田広樹、有田哲平&遠藤章造。

(日刊スポーツ)


ダウンタウン究極ネタバトル

 お笑いコンビ・ダウンタウンがMCを務めるTBS系スペシャル番組「史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ’05」(来年1月4日・後9時)の記者発表が8日、都内で行われた。雨上がり決死隊、ガレッジセール、キャイ〜ン、くりぃむしちゅー、さまぁ〜ず、出川哲朗、山口智充、ロンドンブーツ1号2号、ココリコが、それぞれのコンビを解体しシャッフル。新たなコンビで500万円の賞金を目指してネタバトルを繰り広げる。
 この日は抽選会も行われ、宮迫博之と天野ひろゆき、山口智充と上田晋也、ゴリと田村亮、田中直樹と三村マサカズ、田村淳と出川哲朗、大竹一樹と蛍原徹、ウド鈴木と川田、有田哲平と遠藤章造という組み合わせも決定。浜田雅功(41)は「最高のガラクタ芸人たちが、経験したことのないことをどうやるのかというのが見どころ」。松本人志(41)も「いい感じ。マジっていうのは今までないからね」と抽選結果に満足げだった。

(スポーツ報知)



 う〜ん、かなりショボい内容になりそう。
 
 ネタに定評のないメンツばかり。 唯一さまぁ〜ずくらいか・・・。

 わたしゃ、知名度だけじゃ笑わんよ。
 内Pでたまにやるシャッフルコンビのほうが面白いと思うけど、どぉだろぉ。マジにやってスベッたらかなり寒い。てか、スベりそう(^^;
 いい意味で期待を裏切って欲しいナ。

posted by rino at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。