2005年07月17日

「ガンダム」名言集2。


 なんだかんだで一気に3本見てしまった。7時間か? よくもまあ……(笑)
 何度見ても泣いてしまう。しかも、同じところで。
 アムロとララァのやりとりは劇中でもっとも重要なシーンだろう。やっとめぐりあえてわかりあえたというのに、アムロはララァを殺してしまう。ニュータイプ同士が、真に理解しあった者同士が殺し合う悲劇。
 「僕は取り返しのつかないことをしてしまったんだ。ああ……僕はララァを……殺してしまった」というセリフに感情移入しまくっちゃって、どうしても目頭が熱くなってしまう。

 アムロの傲慢さ。シャアの愚直さ。ランバ・ラルの男気。カイの秘めたやさしさ。ブライトの不器用さ。「ガンダム」ってつくづく人間ドラマだと思う。

 ってことで、前回につづき、名言集を。



「気にすることはないわ。私たちだって、いつああなるか……」(セイラ)

「現地徴用兵ばかりで、軍規軍規か」(リュウ)

「いい目をしているな」(ランバ・ラル)

「あの人たちが僕らの戦ってる相手なんだろうか?」(アムロ)

「自分の力で勝ったのではないぞ。そのモビルスーツの性能のおかげだということを忘れるな!」(ランバ・ラル)

「僕が……いちばん……ガンダムを……うまく……使えるんだ……」(アムロ)

「バカなアムロ……」(フラウ)

「僕は……僕は……あの人に勝ちたい」(アムロ)

「ランバ・ラル、戦いの中で戦いを忘れた……」(ランバ・ラル)

「見ておくがいい。戦いに敗れるということは――こういうことだぁ!」(ランバ・ラル)

「少し間に合わないかもしれない」(ミライ)

「なんのために戦うんだ?」(アムロ)

「補給部隊にいれば、戦争という破壊の中でただ一つ物を作ってゆくことができる……かしら」(マチルダ)

「ほんと……好きだったよ、坊や」(ハモン)

「死んだ人は生き返りはしないのよ……」(セイラ)

「カイさん。僕はあなたの全部が好きというわけじゃありません。でも、今日まで一緒にやってきた仲間じゃないですか!」(アムロ)

「ほんと、軟弱者かもね……」(カイ)

「ガンダム1機の働きで、マチルダが助けられたり、戦争が勝てるなどというほど甘いものではないのだぞ!」(ウッディ)

「戦ってるときはなんにもしてくれないで、階級章だけで、リュウさんや他の人たちにありがとうのひと言ぐらい……」(アムロ)

「小さい子が人の殺し合い見るの、いけないよ……」(アムロ)

「こんな手続きが軍を強くするとでも思っているのか?」(アムロ)

「ミハル、俺はもう悲しまないぜ。おまえみたいな子を増やさないためにジオンを叩く、徹底的にな!」(カイ)

「間違いない。奴だ……奴が来たんだ」(アムロ)

「さらにできるようになったな、ガンダム」(シャア)

「冗談ではない!」(シャア)

「私にプレッシャーをかけるパイロットとはいったい何者なんだ」(シャア)



(劇場版「機動戦士ガンダムU 哀・戦士編/特別版」バンダイビジュアル2000年、より)



「こういうとき、慌てたほうが負けなのよね」(カイ)

「なんせミライ少尉は、ホワイトベースのおふくろさんなんだからな」(スレッガー)

「きれいな目をしているのね」(ララァ)

「この人は本気なんだよ!」(スレッガー)

「ぬけぬけとよくもまあ、このスカート付きめ!」(カイ)

「慣れていくのね……自分でもわかる……」(セイラ)

「実戦というのはドラマのように格好のよいものではない」(シャア)

「ぜ、全滅? 12機のリック・ドムが全滅? 3分もたたずにか?」(コンスコン)

「パイロットでは体制は崩せんよ。ニュータイプ能力を戦争の道具に使われるだけだ」(シャア)

「アムロは……違うわ……。あの人はあたしたちとは違うのよ」(フラウ)

「君の気持ちはわかっている。が、僕はいつまでも待っているよ」(ブライト)

「安物なんだがね……おふくろの形見なんだ。宇宙(そら)でなくしたら大変だ。預かっといてくれ」(スレッガー)

「悲しいけど、これ、戦争なのよね」(スレッガー)

「まだまだぁ!」(スレッガー)

「やらせはせんぞ!」(ドズル)

「誰だって……死ぬんだよ……」(ブライト)

「貴公は、そのヒットラーの尻尾だな」(デギン)

「じゃあさ、そのあとで連邦も叩くかい?」(カイ)

「とんがり帽子の付録か?!」(アムロ)

「あなたが来るのが遅すぎたのよ!」(ララァ)

「あなたには守るべき人も守るべきものもないというのに……」(ララァ)

「私には見える。あなたには故郷(ふるさと)もなければ家族もないわ。――人を愛してもいない!」(ララァ)

「僕にとってあなたは突然すぎたんだ」(アムロ)

「ララァ、奴との戯れ事はやめろ!」(シャア)

「ああ、アムロ……。刻が見える……」(ララァ)

「僕は取り返しのつかないことをしてしまったんだ。ああ……僕はララァを……殺してしまった」(アムロ)

「いまの私にはガンダムは倒せん! ララァ、私を導いてくれ……」(シャア)

「こういうときは臆病でちょうどいいのよね」(カイ)

「いまララァが言った。ニュータイプは殺し合いの道具ではないって……」(アムロ)

「いまというときでは、人はニュータイプを殺し合いの道具にしか使えん。ララァは死にゆく運命だったのだ」(シャア)

「貴様だって……ニュータイプだろうに!」(アムロ)

「なら、同志になれ!」(シャア)

「チャンスは最大限に活かす。それが私の主義だ」(シャア)

「殺し合うのがニュータイプじゃないでしょ?」(ララァ)

「人がそんなに便利になれるわけ……ない……」(セイラ)

「ごめんよ……まだ僕には帰れるところがあるんだ。こんなにうれしいことはない。――わかってくれるよね? ララァにはいつでも逢いに行けるから……」(アムロ)



(劇場版「機動戦士ガンダムV めぐりあい宇宙編/特別版」バンダイビジュアル2000年、より)

posted by rino at 21:39| Comment(0) | TrackBack(2) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

「ガンダム」名言集1


 「スター・ウォーズ」を見た感想において、「ガンダム」のクオリティがいかに高いかを少し書いてみたのですが、この機会に改めて「ガンダム」とは何ぞやというのを記してみようかと思いたちました。
 「ファースト・ガンダム」をまったく知らない人でも愉しめるように、世界観や用語などをわかりやすく説明しながら話を進めていきたいと考えています。

 ……と、宣言はしてみたものの、わたくしかなりの気分屋でございまして、ちゃんとカタチにしてここに掲載できるかはまだわからない情況です。もしも愉しみにしてくださる方がいらしたら、ごめんなさい。さきに誤っておきます(汗)。なるべく実現させようとは思っておりますが……。

 「ガンダム」の魅力のひとつに、気の利いた「セリフ」というのがあります。
 ということで、まずは御通し感覚で名言集を抜粋してみました。



「し、死んだ……」(アムロ)

「走れっ、フラウ・ボゥ! ……走れ、フラウ……」(アムロ)

「こいつ、動くぞ!」(アムロ)

「戦いとはいつも二手三手先を考えて行うものだ」(シャア)

「それでも男ですか? 軟弱者!」(セイラ)

「見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを」(シャア)

「これが……戦い……」(アムロ)

「やれるとはいえない。けど、やるしかないんだ。……僕にはあなたが……」(アムロ)

「ジオンとの戦いがまだまだ困難をきわめるというとき、われわれは素人まで動員していく。……寒い時代だとは思わんか?」(ワッケイン)

「いつのまにか戦争させられて……」(アムロ)

「あなたなら、できるわ」(セイラ)

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差でないことを……教えてやる!」(シャア)

「ええい、連邦のモビルスーツはバケモノか!」(シャア)

「戦いは非情さ。そのくらいのことは考えてある」(シャア)

「つ、つ、つえぇ〜」(カイ)

「オレだって、オレだって!」(カイ)

「二度もぶった! 親父にもぶたれたことないのに!!!」(アムロ)

「くやしいけど……僕は男なんだな」(アムロ)

「ここを突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」(ブライト)

「ガンダムがただの白兵戦用モビルスーツでないところを見せてやる!」(アムロ)

「あなたはエスパーかもしれない」(マチルダ)

「軍属になったおぼえはないのに」(アムロ)

「ガルマ、君の生まれの不幸を呪うのだな」(シャア)

「シャア、謀ったなシャア!」(ガルマ)

「私とてザビ家の男だ! 無駄死にはしない!」(ガルマ)

「ジオン公国に栄光あれー!!!」(ガルマ)

「あの人たちだって子供もあるだろうに。それを、鉄砲向けて撃つなんて……荒んだね」(カマリア)

「じゃあ、母さんは僕がやられてもいいっていうのかい? 戦争なんだよ!」(アムロ)

「みんな自分勝手で自分のことしか考えてない。僕だって、僕だって、好きでこんなことやってるもんか!」(アムロ)

「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」(ランバ・ラル)

「坊やだからさ……」(シャア)

「これが、敵……」(アムロ)



(劇場版「機動戦士ガンダムT特別版」バンダイビジュアル2000年、より)


 「哀・戦士編」につづく。

posted by rino at 22:32| Comment(0) | TrackBack(1) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

「甘い生活」



    

    著者: 弓月 光

    タイトル: 甘い生活 28 (28)



 「甘い生活」の最新刊を購入。

 大好きなんだよねぇ、このマンガ。もう何年連載してんだ? 15年? まだ中学生の時分に初めて出会って、あのころはそりゃあもうドキドキしながら見てましたよ(笑)。1年に2冊しか出ないのがもどかしいです。
 本当は全ストーリーを紹介してみたいのよ、ここでさ。メジャーなマンガではないから、このおもしろさを広く伝えたいのですよ。でも、躊躇ってしまうんです。



 だって、エロすぎるんだもん♪


 いや、エグ〜イ感じではないんですよ。あかるいエッチです。あくまでラブコメだし。しかも、主人公がエロいんじゃなくてその周りの女たちがことごとくエロいだけなんです!(汗)。主人公は被害者みたいなモンです。すっごく羨ましい情況だけど……(笑)。

 どんなマンガなのかを一言で言うと、前代未聞の「ランジェリー・マンガ」!
 主人公江戸伸介は無類の女性下着マニア。好きが高じて下着メーカー最大手の「ピクシー」で日々バイトに励む。ひょんなことからピクシーの会長に見初められ、下着作りに参加することに。
 じつはこの伸介には不思議な力があったのです。なんと手で触れるだけで女性を気持ちよくさせちゃうゴールドフィンガーの持ち主だったのでーす! っておバカでしょ?(笑) 嗚呼、このブログを覗いて下さった女性のみなさま、ドン引きね(汗)。
 そして彼の作る下着は彼の手の延長だったのです! 下着を履くたんびに女の子たちが「あはん、うふん」。やっぱ、女子ドン引き(笑)。
 伸介はまったく女性に興味がないってのがポイントね。伸介のおててに魅了されていろんな美女たちが彼を誘惑するのだけれど、彼は性知識そのものがないので当然上手くいくはずもなく、とくに彼のことが好きな若宮弓香はやきもき。

 なんといっても、弓月光さんの描く女性が素敵
 キモイといわれようと、ヘンタイといわれようとも、ヒロイン若宮弓香は私の理想の女性です!
 男はマザコンです。
 鬱陶しいなあ、と思いつつもいろいろお世話されたいわけですよ。看護婦が人気あるのもそれが理由なんじゃないのかな? 私は好きじゃないけどね。看護婦は相当乱れてるらしいから。とくに外科(ナースと結婚したYくん談)。わたしゃ、ゼッタイに彼女にはしたくないね。
 同じくマンガでいったら、「タッチ」の南ちゃんに当たるのかな。なんとな〜く、わかるでしょ? 男が理想とする女性像って。
 で、若宮弓香ですよ。
 美人、年上、世話好き、ちょっと純情、でもスケベ(笑)。
 サイコーじゃん♪ まさに男の理想がここにある。ロマンだよ、ロマン(←アホ)。
 弓月光さん、アンタはエライ! そろそろ還暦を迎えようってのに、こんなアホなマンガを書きつづけてるなんて。マジで尊敬してます。エロは偉大です。芸術です、文化です。

 マンガ喫茶ででもブックオフででもいいから、読んだってぇ〜。
 男は必読!
 女の子は、ああこんな下着あったらいいなあ、と思うはず。
 基本はドタバタラブコメだから、頭カラッポにして気楽に愉しめると思います。OL専用の下着から始まり、スーパーモデルを起用したファッションショーを町工場で催したり、ニューハーフの下着作ったり、アメリカ大統領夫人の下着を作ったり、国家反逆罪で捕まったり(笑)、この巻では妊婦用の下着に取り組んだり、でハチャメチャな感じ(←ハチャメチャって言葉、死語かも?)。とくにアメリカ編の荒唐無稽ぶりが好きです。殺しのライセンス、ならぬ、触りのライセンスって……。ほんとバカなこと考えるよなあ。
 あとは、エロに耐えられるかどうか。けっこう笑えるんだけどね。んな、アホなって感じで。タケノコとか上り棒とか、いちいちの表現が……。初めて読んだ人は画のキレイさとかけ離れたお下品さに、ズッコケることうけあい。でも、それさえ乗り越えられれば、くっだらねーマンガだなあと思いつつも、ハマるんではなかろうか。

posted by rino at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

「千と千尋の神隠し」


    

    千と千尋の神隠し (通常版)



 見てもうた。ちなみに見たのは今日で2回目。
 かなり難解な映画だ。八百万の神。キリスト教圏の人間には絶対わからんだろうな。よくアカデミー賞とれたもんだよ。誰が審査してんだか知らんが、確実に理解できていないと思う。
 
 子供向けじゃないよなぁ、とつくづく。
 なんかこれ見てると民俗学とか勉強したくなっちゃうね。 
  
 宮崎さんの作品のヒロインってみんな可愛らしい感じの少女なんだけど、千尋は違う。わざとアニメ然とした顔じゃなくて、リアリティのある感じ、普通でパッとしないような感じになってる。たしかモデルがいるんだよね、実際の。だから、見てる子供は感情移入しやすいかもな。
 千尋は、宮崎さんがいつも描いてた強い女性像とは単純にはあてはまらない。ナウシカやシータ、フィオやサンとは明らかに違う。少し臆病で気の弱い女の子、その成長の物語。だから、身近で親しみやすさってのはあるかもね。

 見ていてちょっと気になったことがいくつか・・・、
 千尋ってさぁ、マラソンの、Qちゃんこと高橋尚子さんに見えて仕方ないんだけど、俺だけ? 俺だけだろうね(笑)。体型はそっくり。頭が大きくてほっそりとした身体。びっくりしたときの表情とか、すごく似てると思うんだけどなぁ。 

 冒頭のお父さんとお母さんがバクバクとメシ食ってるシーン。
 なんか食い物が旨そうに見えない。プルンとしたあの食い物、なんだろ。気持ち悪いんだけど、俺だけ? 俺だけか(笑)。 

 嫌なとこ。
 まぁこれはしょうがないことなんだけど、CG然とした画が嫌だった。
 ハクの背中に乗って、銭婆の家から飛び立つとこ。
 趣きがないんだよな。ロールプレイングゲームのCG見てるみたいでさ。 

 見てて泣きそうになるシーンがけっこうある。
 たとえば、ハクが自分の名前を思い出すシーン。千尋と手をとって落ちていくとこ。
 これって、なんなのかね。宮崎アニメってそういうシーンが絶対あるんだよなぁ。単に俺が涙もろいだけかぁ?(笑)

 
 難解だよね、やっぱり。
 ストーリーも薄いと言えば薄い。これまでの作品に比べればね。単純にエンターテインメントとしての。
 でもやっぱり見せ方は上手い。最後まで見れちゃうもんね。さすがと言ったところか。
 何回か繰り返し見ていくと、さらに面白みが増す作品になるかも・・・。
 カオナシは人間の煩悩とかのメタファーなのかなぁ? あるいは理性か。
 千尋は拒み、だが一緒に列車に乗る。
 
 
 ついでに、1ヶ月前の「もののけ姫」放映時に書いた、このブログを始める前のHP上での日記、11/19付けのを以下に併記します。


 なんだかんだで見てもうた。全部ではなく、ちらっちらっとだけど。
 それにしても何回目だ?、見るの。でも見てしまうんだなぁ(笑)。つい見てしまうんだな。圧倒的な絵の力だな。美しいよ。芸術だよ。それにしても、DVDも売れてるだろうに、まだ視聴率20%くらいとるのかなぁ? とるんだろうなぁ(笑)。
 
 「もののけ姫」。好きな作品だよ。見てて泣きそうになる。明らかに子供向けではないけれど(子供にゃわけわかんないだろう、こんな話。シシ神ってなんだよ。デイダラボッチってなんだよ)。「ともに生きよう」って白黒はっきりさせないとこがいいね。自然と人間は相容れない存在。宮崎駿の良心を感じる。
 田中裕子、上手いなぁ。小林薫も、上手いなぁ。西村雅彦は、面白いなぁ(笑)。
 宮崎アニメというと、「紅の豚」の人気の低さがちょっとムカつく。
 
 俺、めちゃめちゃ好き! 
 
 青春映画ですよ。泣ける。間違いなく。豚(豚の姿になった人間)が主人公だから滑稽に映ってしまうかもしれないけど、とても切ないお話。戦争の時代が背景にあってのバカ騒ぎ。登場人物みんなが愛すべき存在。そしてマルコとジーナの恋。あぁ、カサブランカの世界だなぁ。俺にはこんな生き方できないけど。でも憧れる。生と死。生きる歓び。宮崎駿のテーマだなぁ。
 最後、フィオのナレーションが終わってエンディングテーマのイントロのピアノが流れる・・・。「ジーナさんとの賭けがどうなったかは、わたしたちだけの秘密」・・・タン、タタン、タタタタテテトト・・・。この流れ、完璧!泣ける(涙)。ときには〜、むかしの〜、はなしを〜、しよぉか〜♪ 最高だよ!加藤登紀子ぉ!(笑)
 それと、よく間違えてる人がいるけど、

 「飛べない豚」じゃなくて、「飛ばない豚はただの豚」ですから。
posted by rino at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

「ベルサイユのばら」



 昨日の「爆笑問題のススメ」のゲストは「ベルサイユのばら」の作者池田理代子さん。
 へぇ、マリー・アントワネットを反面教師にしてたんだ。
 
 「ベルサイユのばら」は名作ですよね。マンガは読んだことないんですけどね。アニメは子供のころ見てました。
 
 アンドレ〜、なんてカッコイイ男なんだ。死んでしまったときは涙。

 オスカ〜ル、気高く散ってしまいましたね、やっぱり涙。
 
 オープニングの歌のいちばん最初って、裸のオスカルの体にイバラが絡みついたような絵じゃない? 子供ながらに「エロい!」と毎回ドキドキして見てました(笑)

 
 「薔薇は、薔薇は〜♪」

 ってね。いいなぁ〜。また見たいなぁ〜。
 あ〜、DVD欲しいよ〜、でも高いよ〜(泣)


   

   バンダイビジュアル

   ベルサイユのばら DVD-BOX(1)


posted by rino at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

好きなマンガ10選。



 大学入ってからは小説にハマっちゃったんで、マンガはあまり読まなくなったんだけどね(それ以前もそんなに読んでたわけじゃないけど)。
 最近のマンガはようわからんとです(^^; 
 なので、↓こんな感じで。

 
 「甘い生活」  弓月光  ビジネスジャンプ

 「疾風伝説 特攻の拓」  原作/佐木飛朗斗 漫画/所十三  週刊少年マガジン

 「風光る」  原作/七三太朗 漫画/川三番地  月刊少年マガジン

 「ザ・モモタロウ」  にわのまこと  週刊少年ジャンプ
 
 「ジョジョの奇妙な冒険」  荒木飛呂彦  週刊少年ジャンプ

 「Dr.スランプ」  鳥山明  週刊少年ジャンプ

 「はじめの一歩」  森川ジョージ  週刊少年マガジン

 「火の鳥」  手塚治虫  COMなど

 「ベルセルク」  三浦建太郎  ヤングアニマル

 「MONSTER」  浦沢直樹  ビッグコミックオリジナル
 

 (以上、あいうえお順)
 

 内容や好きな理由は、そのうちおりをみて、まぁ、そのときの気分ってやつですが、書いていこうと思ってます。
 




posted by rino at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。