2005年08月28日

「内村プロデュース」ついに幕を下ろす。


 ショック!!!


 「内村プロデュース」9月いっぱいで終了。
 前々からそういう話は出ていたので改めて驚くこともなかったのですが、やはりヘコみます。
 キング・オブ・バラエティ。
 芸人がその芸を競うという、じつはありそうでなかった完全に芸人主体の番組。それゆえ芸人にとってはタイト。すなわち芸人としてのポテンシャル、応用力の差が如実に表れるからだ。
 素人をイジる番組や企画ありきの番組ばかりの中でほとんど唯一笑いを生み出すことに全身全霊を賭け、真にくだらないことにも敢然と立ち向かった誇り高い番組でした。玉職人とかほんとくだらなすぎるよ(笑)。

 芸人の新たな魅力も引き出したよね。
 TIMのレッド吉田のナンセンス5文字ギャグ「チェビックス!」とか「トントン、ワシントン!」とか。あんなギャグやるヤツだとは思わなかったもん。内P見てはじめて、レッドおもしろいって思ったし(笑)。
 さまぁ〜ず三村のボケもそうだ。たいがいツッコミはボケてもつまらない。三村はおもしろいボケを連発した。ま、彼のツッコミ自体元々ボケみたいなものであったのだが(笑)。

 深夜枠でありながら5年半もやったわけで、そういう意味では大健闘。私は初回からほぼ逃さず見てきたので感慨深いものがある。毎週腹の底から笑わせてもらった。感謝。と同時にこれからバカ笑いできる番組がなくなってしまって途方にくれてるところ。

 たとえばネタ番組にしても「エンタの神様」なんかは正直ダルい。女、子供向けの笑いだ。
 「内P」なきあと、「笑い」を生み出してくれそうなのは同局の「しりとり王」くらいだな。昨日の板尾創路「独りしりとり」も抜群におもしろかった。
 
 新たなお笑い番組誕生を願う。



posted by rino at 16:22| Comment(1) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://enquete.nechira.com/
今存続してほしいに投票してきました!!
皆も投票しましょうっ
Posted by わんこ at 2005年08月28日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6321150

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。