2005年07月24日

遠藤移籍!


横浜FMの遠藤、神戸へ完全移籍

 横浜F・マリノス(以下、横浜FM)は23日、MF遠藤彰弘のヴィッセル神戸への完全移籍を発表した。同選手は、九州の名門・鹿児島実業高を卒業後、横浜FMへ加入。Jリーグではこれまで210試合に出場し、14得点を挙げている。

 遠藤は1996年のアトランタ五輪代表として、中田英寿らとともに、ブラジルを破った「マイアミの奇跡」を演出。所属チームの横浜FMでは、中盤を支えるキープレーヤーとして活躍した。昨季は背番号10を背負い、けがに悩まされながらもリーグ戦22試合に出場。前人未到の3ステージ連覇に貢献した。

 移籍先となる神戸は、現在リーグ最下位と低迷中。豊富な経験を持つベテランの加入が、不振脱却へのきっかけとなるか。

(スポーツナビ)



 ウッソ〜?!

 
 ケガが治ってきたと思ったら移籍ですかい。
 残念だなあ。
 俺は遠藤兄の実力を高く買っていて、彼が戻ってくれば、必ずや優勝できると思っていたので……。
 チームとしてもマグロンを獲得したしね。ポジションが厳しいと思ったのかもしれないし、山瀬功治同様故障続きで環境を変えたいと思ったのかもしれない。
 
 新天地での活躍をお祈りしております。
 12年間ありがとう。

posted by rino at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5313360

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。