2005年07月21日

「K−1 WORLD MAX 2005〜世界一決定トーナメント〜」について。


 そーいや、魔娑斗、骨折したんだってね。
 せっかく勝ったのに、残念。本人は相当悔しいだろうな。

 K−1、見ようと思ってたんだけど、見そびれた。
 小比類巻もいいところなく敗れたようだね。
 しかも(魔裟斗棄権もあって)伏兵ともいうべきアンディ・サワーが優勝。
 ちょっとシラける内容だったかも?
 決勝だけはちゃんと見たのだけれど、TBSめ、編集しまくっちゃって、なんだかなあ。大会の権威そのものがなくなっちゃうんじゃない? 決勝戦をあんな扱いにしたら。
 平均視聴率は19.8%ってことで、依然として人気は高いのね。俺はほとんど見なかったけど。

 裏でやってた「トリビアの泉」で面白いネタが放送されてた。

 「片」という漢字に「○」をつけるとウルトラマンっぽくなるっていうヤツ。

 
 お〜! 


 くだらないけど感心しちゃった(笑)。
 いや、でもよく発見したよなあ。
 
 (「片」の左上のところに○をくっつけます。○が頭でスペシウム光線を出してる体に見えるっていう。テレビを見ていなかった人はぜひやってみてね。ま、べつにやらんでもいいけど。くだらないし……)

posted by rino at 19:57| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

K1MAX魔裟斗骨折に泣く
Excerpt: 一昨日の行われたK−1 WORLD MAX決勝は 優勝候補の魔裟斗が準々決勝戦で判定勝ちしたが その試合で左足首腓骨でドクターストップになり その後は決勝を編集したりして放送したりなど 面白く..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-07-22 20:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。