2005年07月19日

今野、田中達也が日本代表初選出。


東アジアに田中達、今野ら新戦力を選出=サッカー日本代表

 日本サッカー協会は19日、韓国で行われる「東アジアサッカー選手権大会2005 決勝大会」に出場する日本代表メンバー23名を発表した。先月行われたコンフェデレーションズカップのメンバーの中から国内組を中心に、小笠原満男(鹿島)、大黒将志(G大阪)らを選出。久保竜彦(横浜FM)、阿部勇樹(千葉)が久々の代表復帰を果たした。また、新戦力として村井慎二(磐田)、今野泰幸(FC東京)、田中達也(浦和)が初選出された。なお、新シーズン開幕を控える欧州組の選出は見送られている。

 大会は31日に開幕し、日本代表は同日に北朝鮮との初戦を迎える。さらに8月3日に中国、7日に韓国と対戦。2位に終わった前回大会の雪辱を目指す。

 メンバーは以下の通り。

GK:
 楢崎正剛(名古屋)、土肥洋一(FC東京)、川口能活(磐田)

DF:
 三浦淳宏(神戸)、田中誠、茶野隆行(以上、磐田)、宮本恒靖(G大阪)、坪井慶介、三都主アレサンドロ(以上、浦和)、中澤佑二(横浜FM)、加地亮、茂庭照幸(以上、FC東京)

MF:
 小笠原満男、本山雅志(以上、鹿島)、福西崇史、村井慎二(以上、磐田)、遠藤保仁(G大阪)、阿部勇樹(千葉)、今野泰幸(FC東京)

FW:
 久保竜彦(横浜FM)、玉田圭司(柏)、大黒将志(G大阪)、田中達也(浦和)

 (スポーツナビ)



 ついに今野と田中達也が選ばれた!


 ジーコよ、ようやく呼んだか。
 今野の能力はもはやいうまでもないだろう。
 田中達也は一時の不調から抜け出つつある。久保、大黒、玉田、大久保、高原というフォワード陣のなかに入っていけるかどうか。スーパーサブ的な使われ方はされてしかるべきだと思う。与えられたチャンスをモノにできるかどうかにかかっている。
 村井も初選出。私は4バックを支持しているので、そのことを考えると駒野を選んでくれたほうがよかったかなと思う。しかしながら、ウイングバックとしてはアレックスと同等かそれ以上のプレーができることでしょう。

 個人的には阿部に注目したい。
 阿部は覚醒を始めている。オシムという非常に良い指導者のもと、たしかな成長が窺える。アテネ世代では、アテネ五輪後にいちばん伸びた選手かもしれない。今季すでに7得点は、ボランチの選手としては驚異的ですらある。

 あとは隼磨と駒野さえ呼ばれれば完璧かな。
 やはりお松は呼ばれず。確執は決定的。お松本人は、先日サッカー・マガジンだかダイジェストだかで代表への思いを語っていたが、だったらもう少し我慢できなかったのだろうか。せっかくの才能を無駄にしてしまって……。
 中澤にお願いするしかないかな。宮本は使えないので、マツと組ませてください、って。中澤のインタビューを読んでるとそうとしか思えんもんなあ(笑)。

 久保はまだ本調子じゃないからなあ。選出はうれしいけど、……複雑。
 そういや鈴木、呼ばれてない(笑)。

 システムは3−5−2ということで有機的な攻撃は望めそうもないが、その代わり個々人のプレー、とくに新しい選手のプレーに注目したい。ま、ジーコ使ってくれればの話だが……。

posted by rino at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5201804

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。