2005年07月16日

「ガンダム」名言集1


 「スター・ウォーズ」を見た感想において、「ガンダム」のクオリティがいかに高いかを少し書いてみたのですが、この機会に改めて「ガンダム」とは何ぞやというのを記してみようかと思いたちました。
 「ファースト・ガンダム」をまったく知らない人でも愉しめるように、世界観や用語などをわかりやすく説明しながら話を進めていきたいと考えています。

 ……と、宣言はしてみたものの、わたくしかなりの気分屋でございまして、ちゃんとカタチにしてここに掲載できるかはまだわからない情況です。もしも愉しみにしてくださる方がいらしたら、ごめんなさい。さきに誤っておきます(汗)。なるべく実現させようとは思っておりますが……。

 「ガンダム」の魅力のひとつに、気の利いた「セリフ」というのがあります。
 ということで、まずは御通し感覚で名言集を抜粋してみました。



「し、死んだ……」(アムロ)

「走れっ、フラウ・ボゥ! ……走れ、フラウ……」(アムロ)

「こいつ、動くぞ!」(アムロ)

「戦いとはいつも二手三手先を考えて行うものだ」(シャア)

「それでも男ですか? 軟弱者!」(セイラ)

「見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを」(シャア)

「これが……戦い……」(アムロ)

「やれるとはいえない。けど、やるしかないんだ。……僕にはあなたが……」(アムロ)

「ジオンとの戦いがまだまだ困難をきわめるというとき、われわれは素人まで動員していく。……寒い時代だとは思わんか?」(ワッケイン)

「いつのまにか戦争させられて……」(アムロ)

「あなたなら、できるわ」(セイラ)

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差でないことを……教えてやる!」(シャア)

「ええい、連邦のモビルスーツはバケモノか!」(シャア)

「戦いは非情さ。そのくらいのことは考えてある」(シャア)

「つ、つ、つえぇ〜」(カイ)

「オレだって、オレだって!」(カイ)

「二度もぶった! 親父にもぶたれたことないのに!!!」(アムロ)

「くやしいけど……僕は男なんだな」(アムロ)

「ここを突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」(ブライト)

「ガンダムがただの白兵戦用モビルスーツでないところを見せてやる!」(アムロ)

「あなたはエスパーかもしれない」(マチルダ)

「軍属になったおぼえはないのに」(アムロ)

「ガルマ、君の生まれの不幸を呪うのだな」(シャア)

「シャア、謀ったなシャア!」(ガルマ)

「私とてザビ家の男だ! 無駄死にはしない!」(ガルマ)

「ジオン公国に栄光あれー!!!」(ガルマ)

「あの人たちだって子供もあるだろうに。それを、鉄砲向けて撃つなんて……荒んだね」(カマリア)

「じゃあ、母さんは僕がやられてもいいっていうのかい? 戦争なんだよ!」(アムロ)

「みんな自分勝手で自分のことしか考えてない。僕だって、僕だって、好きでこんなことやってるもんか!」(アムロ)

「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」(ランバ・ラル)

「坊やだからさ……」(シャア)

「これが、敵……」(アムロ)



(劇場版「機動戦士ガンダムT特別版」バンダイビジュアル2000年、より)


 「哀・戦士編」につづく。

posted by rino at 22:32| Comment(0) | TrackBack(1) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

私は冷静だ。
Excerpt: 私は冷静だ。
Weblog: ガンダム名言集
Tracked: 2005-07-18 21:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。