2005年04月19日

神戸、新監督はレオン。


神戸にレオン新監督 元ブラジル代表監督

 Jリーグ1部(J1)神戸は19日、元ブラジル代表監督のエメルソン・レオン氏(55)が新監督に就任すると発表した。レオン氏は今週末に来日してチームに合流予定。23日の大分戦は、チェコ人のパベル・ジェハク・コーチが監督代行を務める。
 レオン氏は現役時代にブラジル代表GKとして2度のワールドカップ(W杯)で活躍。指導者としては1994年6月まで2年間清水を率い、93年は年間3位。96年5月にV川崎(現東京V)の監督となり、天皇杯で優勝を果たした。2000年10月にブラジル代表監督に就任したが、成績不振で01年6月のコンフェデレーションズカップ終了後に解任。昨季は同国の強豪サンパウロを指揮した。
 三浦チーム統括本部長は「世界レベルの監督が来ることは、ビッグクラブへ向かう神戸にふさわしい。規律の徹底と妥協を許さない姿勢で、必ず勝たせてくれる監督と思っている」と話した。
 神戸は現在1勝2分け3敗の勝ち点5で17位。成績不振により、今季から指揮を執った松永英機監督を解任していた。

(共同通信社)



 私は、ブラジル人監督って選手に比べればあんまり有能な人はいないんじゃないかと思ってる。
 ザガロもフェリペもルシェンブルゴもべつに凄いとは思わない。もちろんジーコも。(黄金の中盤を生んだテレ・サンターナはすごいかも)

 いまJにはトニーニョ・セレーゾやネルシーニョなんかがいるけど、オシムや岡ちゃんに比べれば、監督としての能力は数段落ちる。

 戦術という意味でもヨーロッパが最先端を行っているわけで、私はブラジル人監督にはかなり懐疑的。
 たとえば、ブラジル代表やポルトガル代表でのフェリペを見ても、ほとんど個人に依存してしまっている。組織ありきの個人であればいいのだが、個人だけでは現代サッカーは勝てない(ユーロ決勝、ギリシャに負けたのが象徴的)。フランスやアルゼンチンがコケたことで、日韓W杯では個人技だけのブラジル代表が優勝しちゃったけどね(汗)。

 ひさしぶりにJ復帰。レオン監督のお手並み拝見といきますか。

posted by rino at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。