2005年03月05日

横浜F・マリノス×ジュビロ磐田



 どこ見とんじゃ、クソ審判!!!


 完全にハンドやないけー!!!



 あー、めちゃめちゃ腹立つ。
 どーすんだろ、福西のゴールになるの? ぜんぜん微妙でもなんでもないねーぞ。
 副審よ、角度的に見えんだろうが。アレがヘディングしてるように見えたか? 

 メンバーのそろわないうちは、引き分けが増えても仕方なし、と思ってたんだけど、まさかロスタイムに明らかな相手のハンドで不正なゴールを許すとは……。

 試合自体はマリノスのものだった。
 ジュビロはまだまだ連携がおぼつかないところが多い。ときおり形は見せるけれど、ほとんど見せ場を作れなかったといっていい。今日の勝利はラッキーだろう。

 マリノスのほうは相変わらず守備が堅く、前半はやや苦しんだが、後半は奥を中心に有機的な攻撃を見せていた。
 足りないのはやはり決定力だ。
 久保、安、坂田の誰か一人でも出場できていたなら、状況は変わっていただろう。

 とにかくホームでの敗戦は痛すぎる。
 次戦は絶対に負けられない試合だ。相手もセレッソということでなおさら。
もしかしたら短い時間だけでも久保を使うかもしれない。

 とはいいつつも、まだ始まったばかりだし、勝負はこれから。最終的にいちばんになってりゃいいのだ。


 横浜F・マリノス 0−1 ジュビロ磐田

posted by rino at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4934268

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。