2005年03月09日

CL決勝T第2戦結果その1。



 ぐわぁぁぁぁ。



 バルサ、負けたー!(泣)




●チェルシー 4−2 バルセロナ

 すっげー試合じゃん! まさに決勝戦。
 試合を見てないからよくわからないけど、チェルシー、たてつづけに3点も取ってんだよな。
 モウリーニョの采配は守ではなく攻だったのか?! 1−0で勝ち抜けられる試合だから普通はまず守りから入る。しかしバルサ相手ではどうしても得点を奪われる可能性が高いので、攻めに打って出たのかもしれない。去年のチャンピオンズリーグ決勝においても、勝っている情況の中でやみくもに守るのではなくさらに点を取りにいってたからね。モウリーニョという監督の、ここいちばんでの強気の采配がすごい。勝つことを最優先させてつまんない試合もやるけどさ。
 4−2というスコアはほんとビックリだよ。3−2では、バルサが勝ち抜けなんだよね。4−2にしたのがすごい! 
 バルサの敗因は、第1戦でアウェーゴールを許したことに尽きる。2−1ではアドバンテージはないに等しかったからね。
 
 あー、それにしても、わが愛しのバルサ。もう消えちゃったのかよ。つまんねーよ。世界一スペクタクルなサッカーがもう観れないなんて。サッカー界にとっては大きな痛手だ。
 チェルシーを止められるのはミランしかいないんじゃないかな? レアル・マドリーやインテルなんかもメンツ的に可能性がないわけじゃないけど、どちらも守備が×なので、あまり現実的ではない。
 いずれにしてもバルサを下したチェルシーに死角はない。


●ミラン 1−0 マンチェスターU

 ミラン、手堅いね。マンUを寄せ付けず。またクレスポ? 
 先に1点を取ってしまえば、もう勝負は決したも同然だね。マンUは先制してプレッシャーをかけなければならなかった。それをさせなかったミランを褒めるべきかもしれない。1−0。これぞイタリアサッカーの真髄ってヤツか。


●リヨン 7−2 ブレーメン

 どーでもいいです。このスコアにブレーメンのやる気のなさが出てる。
ホームで3−0で負けたらね、そりゃもうモチベーションは低いですよ。最低でも3−0にしなくちゃいけないからね。それほど力の差がない相手に、しかもがっちり守ってくる相手に対して、3点も取れるほど現代サッカーは甘くない。1点でも取られれば、ジ・エンド。

posted by rino at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4929106

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。