2005年03月10日

チェルシー×バルセロナ



 
これぞ、チャンピオンズリーグ!


これぞ、サッカー!!!




 
 至福の90分間でした。
 結果知ってんのにこんだけ楽しめんだもん、すごいよ。ユーロでのオランダ×チェコ戦以来だな、この感動。
 あまりにすごい試合で、終わったあとしばし虚脱状態。

 チェルシーの得点シーンは前回私がした予想のとおり。ちょっとうれしい。つーか、バルサから点取るパターンってそれしかないんだけどね(笑)。
 カウンターからグジョンセン、ダフのゴール、コーナーキックからテリーのヘッド。
 それでも、いっきなり3点取るとは思わなかった。あの一気に畳みかけるところがチェルシーの強さかな。

 ロナウジーニョのゴールはすごかった!
 一瞬時間が止まったような感じ。「えっ、なに?」 ダンスするような細かいフェイントのあと、すーっとボールがゴールに入って……。


 「うおぉぉぉぉぉ!!!」


 すげぇよ、すげぇよ、すげぇよ。グループリーグ、ミラン戦でのゴールもすごかったけど、このゴールも歴史に残るスーパーゴール。もう観れないのかと思うと残念でしかたない。

 バルサ側はテリーのゴールにおけるキーパーチャージを主張したみたいだけど、パウロ・フェレイラのハンドでPK取れたんだから、おあいこなんじゃないの? それよりもその直前にエトーが決定機を決められなかったことのほうが大きかった。
 その流れが生んだテリーのゴールだと思うし、これがサッカーというものだ。

 スーパープレーの応酬。至近距離からのプジョルのヘディングシュートを、片手一本で止めたツェフ。ビッグセーブ。あんだけ大きな身体してんのにあの反応の早さ。すごい。
 ジョー・コールのドリブル、シュートもすごかった。
 イニエスタ。ダバディーの発言で知った。アイツ、本職はボランチなの? それがビックリ。この試合だけでなく以前からジュリの代わりで使われてるので、攻撃的な選手かと思ってた。

 とにかく幸せだった。
 90分間、興奮状態。イングランドのスタジアムというのもよかった。金子達仁が、陸上競技用のトラックがある競技場では名勝負は生まれない、名勝負はサッカー専用スタジアムで生まれる、というようなことを言っていたことがある。私もそう思う。観客の熱が選手の力を最大限に引き出すのだ。日本でもサッカーが根付いて、いつかすべてのスタジアムがイングランドのような客席とピッチの距離が短いスタジアムになって欲しい。


 バルサが負けたのは悔しいし、寂しいけど、


 やっぱりサッカー(フットボール)はサイコーだ!

posted by rino at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。