2005年03月11日

CL決勝T第2戦結果その2。


●ユベントス 2−0 レアル・マドリー

 レアル負けてやんの。ダメだね、相変わらず。
 第1戦で1点しか取れなかったのが響いたね。
 十分予測可能な事態だったけど。前にも書いたようにユーベにとって、0−1は絶望的な結果ではなかった。イタリアのチームは現実的な戦いができる。レアルがかつての攻撃力を取り戻していたなら打ち破れただろうが、つまりそれがなかった。とくに運動量のなさは悪い意味で目を見張る。せめてサルガドがいてくれたらね。ラウル・ブラボには荷が重すぎる。
 レヴェルの低い試合だったようだ。「内容はチェルシー対バルセロナ戦を水で10倍以上薄めたような味気なさ」と評した人もいるくらい。
 
 レアル再生の方法。
 まず、ロナウドとフィーゴを切る。ロナウドは点が取れりゃいいんだけど、守備しないから他に負担がかかるんだよな。フィーゴも同じようなもんで、ドリブルのキレがなくなりゃ用なし。コイツも守備力ないからダメ。
 前の4人、ラウル以外は運動量が少ない。数年前のよかったときは、ジダンもフィーゴもまだ若く、キレがあった。後ろにマケレレが控えてたのも大きい。でも、いまは無理。ただ単にグラベェセンやサムエルを入れたところで、劇的に改善することはありえない。根本的な問題を抱えているからだ。バルセロナやチェルシーのあのプレスを見よ!って感じ。
 ペレス会長はアドリアーノが欲しいみたいだね。フィジカル強いし、ラウルがもっと生きるんじゃない? 最近調子落としてるのが気になるけど、まだ若いし、ポテンシャルの高さはいうまでもない。ロナウドのやつ、インテルに戻りたい、なんてファンにリップサービスしてるから、アドリアーノと交換してもいいんじゃないの?(笑)


●アーセナル 1−0 バイエルン・ミュンヘン

 アーセナル。あと1点取れれば……(涙)。
 直前にマカーイが死んでくれてラッキーな情況だったのに。


●モナコ 0−2 PSV

 パク・チソン。すげーなー。いいなー。
 彼、元Jリーガーよ。それがいまや、チャンピオンズリーグのベスト8。小野伸二、フェイエじゃなくてPSVに行けてりゃ、いまごろね……。


●レバークーゼン 1−3 リヴァプール

 リヴァプールには期待してる。スペイン人のベニテスが指揮を執り、モリエンテス、ルイス・ガルシア、シャビ・アロンソというスペイン人の選手がそろう。なにより、ジェラードがいる。優勝はできないだろうが、攻撃的なサッカーが見れるだろう。


 これで、インテル×ポルトの勝者以外のベスト8がそろったわけだ。

 チェルシー、ミラン、リヨン、ユベントス、バイエルン、PSV、リヴァプール。


 ……スペイン勢、全滅!


 この事実で、私のチャンピオンズリーグへの情熱が半減したといっていい。
 見事に手堅いチームが残ったな(汗)。スペクタクルがない。
 
 あとはインテル。アドリアーノ、ヴィエリ、マーティンス、ヴェロン、スタンコビッチ、レコバ(骨折しちゃったか)、エムレ、攻撃の駒はそろってる。噛み合えば、すごいことになる。噛み合えば、の話だけど(笑)。
 逆に守備は薄い。ジジイのミハイロビッチに、デカイだけのマテラッツィ。なんで、カンナバロ棄てちゃったの?

 チェルシーで決まりかな?
 まだロッベンがいるのよ、ロッベンが(笑)。それ考えたらもう怖いもんなしでしょ。鉄壁の守備を脅かすチームはないし。対抗できるのは、ミラン、ユベントスのイタリア勢だけ。でも、スペクタクルは生まれねー。
 バルサが勝っていれば、イタリア勢との対決が見ものだったんだよな。チェルシーもミランも、本質的には同じ哲学を持ったチームだ。だから凡戦になる可能性もある。
 せめてアーセナルが勝ってくれてりゃ、愉しめたんだけどなぁ。

posted by rino at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。