2005年01月29日

カザフスタン戦。


 相手が弱すぎたのであまり参考にならないが、選手のコンディションは上々のようだ。
 随所にコンビネーションも見られ、チームの成熟度がうかがえた。
 
 私の嫌いな加地はかなり積極的に攻撃参加していた。それ自体は好ましい。しかしクロス精度の低さがいかんともしがたい。
 
 大黒は出場時間が短すぎてかわいそうだったな。あと15分長ければ得点できたかもしれない。裏への飛び出し、ポストプレー。ボールタッチもやわらかく、可能性を感じさせた。

 個人的には小笠原に頑張ってもらいたい。普段より得点意識の低さが目立った。彼本来のプレーが見たい。もっとできるはず。私は、3バックのトップ下は中村より小笠原のほうが適していると思っているので期待しているのだが、最近伸び悩んでいる印象だ。引き続き期待していきたい。

posted by rino at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4926184

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。