2004年12月16日

日本×ドイツ

 
 日本対ドイツ戦は 0−3 で日本の敗戦でした。
 まぁ、妥当な結果でしょう、試合内容から見ても。
 
 ところでドイツ、けっこういいじゃないですか! もっとダメダメになってるかと思ってたのに。
 バラックはさすがだね。中村俊輔に彼の爪のアカを煎じて飲ませたいくらいだよ。
 いまのトップ下はパスだけじゃダメなんだよ。パスコースだけじゃなく常にゴールを意識しなきゃね、パスしか狙わない中村くん。だからあなたは中田英寿を超えることはできません。
 
 日本代表はいつも通りってことで。べつに最初から期待していなかったので、この敗戦にも、0−3というスコアにも驚きはありませんでした。
 茶野と田中の両センターバックはよくやったほうじゃないですかね。高さも強さもスピードもないんですから、そもそも4バックなんて初めから無理。4バックは松田、中澤コンビにしましょう。
 稲本と福西のコンビはほとんど実戦経験がなかったんじゃないかな。ディフェンスラインとの連携も悪し。
 稲本個人の出来はそんなに悪くなかった。けっこう上がって攻撃参加してたし。
 
 立ち上がりの不安定さは相変わらず。これを最終予選でやったら終わっちゃいますよ。しょっぱなに1点取られて、引かれて終わり。

 ジーコもまた相変わらず。
 私はジーコ否定派です。あの場当たり的なやり方が許せない。
 
 だから、
 高原と鈴木のコンビはダメだってば!
 似たようなタイプ2人並べてどーすんだよ! 
 鈴木はイラねーよ、ほんとに。あんなすぐ倒れるヤツ。早く久保戻って来いっての。 
 
 いちばん良かった攻撃は、前半27分のプレー。
 カウンターだったけど、
 左サイドでボールを持った小笠原が、中央やや右寄りにいた鈴木にロングパス。それを受けた鈴木が少しキープし味方の上がりを待って(タメを作って)、右サイドを上がってきた加地にパス。そして加地がライン際からセンタリング。
 この展開はダイナミックでよかった。ゴール前には稲本も飛び込んできてたしね。

 最終予選は久保さえ戻ってくりゃ安心なんだけどね。ちょっと難しそうだな。玉田に期待だな。ドリブルできるヤツが他にいない。貴重な存在。
 とにかくシュート打たないからね、日本の選手は。それじゃ点取れないって。
 
 あとはジーコの強運を信じるしかない。普通にやれば絶対予選突破できます。「たられば」は言っても仕方ないが、もし監督が岡田武史かイビチャ・オシムだったら99%大丈夫なのになぁ。

posted by rino at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。