2005年03月21日

イラン戦間近。


 中田英寿が出場したインテル×フィオレンティーナ戦を見た。
 リーグ戦では久々のフル出場だったが、プレー自体はやや精彩を欠いた。中田の良さは、フィジカルの強さ、ボディーバランスのすばらしさ、トラップの正確さ、ゴールへの積極性にあると思っている。この試合ではトラップミスが目立っていた。まだ本調子ではないという印象を持った。
 しかしながら、イラン戦に出ても力を発揮できると思う。パス精度のなさを指摘する輩もいるが、それが中田の短所にはならないと私は思っている。インテル戦でもゴールへの意識は高かった。イランDF陣にとっては脅威となるだろう。
 なにより、鈴木が死んでくれて、攻撃の面ではまったく心配していない。中田が入っても問題はない。玉田や大黒が入ることで、むしろ中田の選択肢が増えて、彼をより生かすことができるだろう。

 問題は守備だ。
 昨日の練習試合では4バックのときセンターバックは宮本・坪井だった。この2人ではフィジカルの強いイラン攻撃陣に対してかなり厳しいと言わざるをえない。中澤のケガの状態はどうなのだろうか、中田が入る入らないより、そこがいちばん心配だ。
 4バックでの宮本の起用は相当リスキーだ。坪井もJの試合を見たけど、ミスが目立った。加地、坪井、宮本、三浦の4人。うーん、軽いなあ。せめて真ん中だけでも中澤、松田という人に強いディフェンダーを起用してもらいたい。
 とにかくラインを保つこと。無理に攻める必要はない。4人がしっかり並んでサイドのスペースを消して守ることが重要だ。

posted by rino at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4925323

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。