2005年05月04日

J1第10節結果。


  横浜F・マリノス 1−1 清水エスパルス
  ジュビロ磐田 2−1 ガンバ大阪
  FC東京 0−2 鹿島アントラーズ
  ジェフ千葉 1−1 サンフレッチェ広島
  浦和レッズ 1−0 ヴィッセル神戸
  名古屋グランパス 0−0 大分トリニータ
  アルビレックス新潟 0−0 川崎フロンターレ
  セレッソ大阪 0−0 東京ヴェルディ
  大宮アルディージャ 1−0 柏レイソル


 マリノス。この引き分けは痛すぎる。
 マリノス、シュート16本に対し、エスパルスはたったの5本。圧倒的に試合を支配していた。決定機もあった。つまり、勝ちゲームを落としたことになる。
 さらに次戦はACLとの兼ね合いからメンバーを落とすと岡田監督は明言している。それだけに勝ちたい試合だった。
 アン・ジョンファンのゴールはすごかった。あの角度のない位置から豪快に蹴り込む。なかなか日本人には真似できない。
 田中隼磨のシュートは惜しかった。
 次に期待。

 ジュビロ。ようやく噛み合ってきたか。
 調子が上向いてきた要因のひとつに、太田の起用。
 昨シーズン、西の故障により出場機会を得、得点やアシストをするなど彗星のように現れた期待の新人。シーズン終盤に山本監督が就任してからは干されていた。
 ACLでも河村ではなく太田を使っていれば、ここまで負けがこむことはなかったはず。山本監督は、オリンピックの時もそうだったが、一方のサイドが攻撃的な選手だと、もう一方はバランスをとるため守備的な選手を起用する傾向にある。それが森崎浩司であり、河村だ。理解に苦しむ。ただでさえ3−5−2という自由度の少ないシステムであるのに、攻撃をどちらか一方に偏らせてしまってはね。
 もうひとつは前田のフォワード起用。
 前にも書いたが、前田はフォワードで使うべき。もとはトップ下の選手だけど、ジュビロに入ってからフォワードをやるようになって一気に能力が開花した。
 あれだけ身長とフィジカルがあって足元が上手い選手はいままで日本にいなかったタイプ。トルシエが日本代表候補に召集したのも十分うなずける逸材。私自身、Jでのプレーを見て惚れこんだ一人。ペナルティエリアで相手を交わしてシュートとか、あのエレガントなプレーは日本人好みだと思う。
 にもかかわらず、山本は彼をフォワードではなくトップ下として使おうとした。オリンピックのときもそう。まったく解せなかった。
 しかし、ようやくわかったようだ。トップ下は藤田、フォワードに前田がベスト。

 アントラーズ。
 クソッ、せっかく鈴木復帰でダメになると思ってたのに。
 興梠。いや、正月の高校選手権を見て、コイツ上手い、高校レベルじゃない、って思ったからね。だからプロでも十分通用するとは思ってたけど、ここまでやれるとはね。
 ってゆうか、FC東京だらしない。

posted by rino at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4925309

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。