2005年04月25日

脱線事故に思う。


 大惨事が起こってしまいました。
 福知山線脱線事故。まったく原形をとどめていない車両が事故の凄絶さを物語っています。

 なぜこんなことになってしまったのでしょうか?
 スピードの出しすぎ? 置き石? 軽量車両? 原因究明はこれからでしょうし、それはわかりません。おそらくそれらいくつもの要因が重なって起こったものでしょう。

 私には、単純に運転士だけを責めることはできません。
 運転経験がまだ1年ほどなので、未熟だったのでは? というようには考えていません。それまでにさんざん訓練してきただろうし、1年も実務経験があれば、それなりにこなせるはずです。それができなかったのであれば、もはや適正の問題です。これは運転士本人にはどうしようもありません。あくまで周りが判断し、運転以外の配属にするなどの処置がなされるべきでしょう。

 またスピードの出しすぎであるなら、なぜそうまでして1分半の遅れを取り戻そうという風になってしまったのか。そこに透けて見えるのは、遅れた場合には何らかの罰がある、ということでしょう。安全よりダイヤ遵守が会社側にあるからです。なにも彼だけではなく、遅れた場合にはスピードを上げて良しというのは誰しもの暗黙の了解だったと思われます。

 なにが今回の事故を引き起こしたのか。
 私は、いちばん大きな理由は安全管理の不徹底にあると思います。
 100%の安全などありません。常に不確定要素がついてまわります。不可抗力というものはどうしたってあるんです。
 しかしながら、より100%に近づける努力、つまり危機管理や安全管理への意識を徹底することは必要不可欠です。
 最近、安全管理の不備が目立ちます。
 手動踏切の事故しかり、ジョイポリスの事故しかり。
 安全管理というのは一度でも怠ってしまえばアウトです。
 両方のケースともに、常習性がありました。それまで事故にならなかったのはあくまで偶然にすぎません。運が良かっただけなんです。
 ほかの人間からマニュアル主義と言われようと融通が利かないと言われようと、直接的に人命に関わることなのです。いちばん重要なところを徹底していないのだから、ほとんど必然的に事故は起こります。

 今回の事故に関しても、たとえば脱線したときに車体が流れるのをガードするものはなかった。日比谷線の事故でもそうだったように、カーブでの脱線というのは起こり得るものです。その教訓が生かされていない。また軽量化された車両の脱線は日比谷線のときと同様だ。軽量車両に問題はなかったのか。なぜ軽量車両を採用するのか? コストの問題でしょうか?
 そして先述のダイヤ厳守の問題ですね。


 人間の命は軽いです。

 残念なことですが、事実です。
 盲信ですね。まあ、これくらいは大丈夫だろう、という根拠のない自信。大いなる錯誤。
 世の中、人命最優先という考えで成り立ってはいません。人の命は軽んじられているのが現状です。

 人間なんて簡単に死ねます。あっけないくらいに。死という存在は私たちが考えている以上に身近です。
 極端な話、何気なく道路を歩いていて、落ちていた小石に足をとられ転倒し、後頭部を強打。打ち所が悪ければ死ねます。
 その場が、車や列車や飛行機など、より危険度が高いであろう場所ではどうか。言うまでもありませんね。

 甘えを棄て、真に人命第一を考えなければ、この種の事故は永久に無くならないことでしょう。また乗る側もきちんとした意識を持っていなければなりません。まずはじめに安全性、という考え方がなければなりません。たとえば、遊具に乗れなかった、時間通りに着かなかったなど目先のことについての文句ばかり言っていてはダメです。
 JALやANAの一連の不手際からかんがみると、今度は空の事故が起こりそうな気がします。


 亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

posted by rino at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4904874

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。