2004年12月14日

シェフチェンコ、バロンドール受賞。


 2004年のバロンドール(欧州最優秀選手)は、ACミラン所属のウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコが受賞しました。
 てっきりデコが選ばれるもんだと思ってたんで、少し意外な気がしました。
 
 シェフチェンコは、現時点での世界ナンバーワンフォワードの1人だと思います。あのフィジカル、スピード、技術、そしてそれらがもたらす決定力は群を抜いています。おそらく彼と同等の力を持っているのはアーセナルのアンリくらいでしょう(ロナウドも挙げたいところだが、最近の調子では・・・)。
 昨季は得点王となり、ミランのセリエA優勝の原動力となりました。ミラン在籍6シーズンで102得点は驚異的というほかありません。
 
 
 ※バロンドールとは「フランス・フットボール」誌の主催する賞で、52カ国のジャーナリストによる投票によって選ばれます。1956年に始まり、ヨーロッパにおけるその年もっとも活躍した選手に贈られる賞です。世界中の一流選手のほとんどすべてがヨーロッパに集う昨今では、事実上の世界ナンバー1の選手と言えるかもしれません(世界ナンバー1に関しては、もちろんいろんな見方はあるでしょうが)。
 FIFA世界最優秀選手は各国の代表監督によって選ばれます。1年間通して常に各国リーグを見ているわけではないので、たんなるネームバリューで選んでしまうことも多いため、実質世界最優秀選手はバロンドール受賞者のほうと言えるでしょう。また名誉や権威という点から見てもバロンドールのほうに分があるでしょう。

posted by rino at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。