2005年01月15日

PIXIES



●メンバー:

  ブラック・フランシス(vo,g)
  ジョーイ・サンチャゴ(g)
  キム・ディール(b,vo)
  デヴィッド・ラヴァーリング(ds)


●ディスコグラフィー

  COME ON PILGRIM (1987)
  SURFER ROSA (1988)
  DOOLITTLE (1989)
  BOSSANOVA (1990)
  TROMPLE LE MONDE (1991)


 * * * * * * * * * * * * * * * *

 【ピクシーズは、誕生からオリジナリティの塊だったと言える。どんなバンドとも相いれない不思議な色。それは、このバンドが分かりやすいバックボーンを持っていなかったからであろう。バンドを始める前、ヴォーカルのブラック・フランシスは、部屋にこもって音楽を貪り聴く少年だったという。豊満な容姿そのままに、雑食獣のごとく音楽を取り込む姿勢は、そうした“開かれた耳”によるものだ。しかし、面白いことにバンドでの提示の仕方は至ってシンプルだった。AメロとBメロしかない単純な構成を、静/動のスイッチでドラスティックに切り分ける。もしくは同一コード進行でメロディだけが推移していく。この、ピクシーズが推し進めた極端な基準は、紛れもなく一つの音楽的手法であった。事実、ニルヴァーナ、レディオヘッド、ウィーザーなど、後に活躍することになる多くのバンドがその手法を真似したと告白したのだから。ピクシーズ以前/以後では音楽スタイルが違う。これは決して大げさな理論ではない。】

 (小口正貴、クロスビート2001年1月号より)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。