2004年12月26日

アンタッチャブル優勝。



 M−1グランプリはアンタッチャブルが優勝しました。
 ちょっと一組だけレベルが違ったね。
 アンタッチャブルはけっこう前からオモロイなぁと思ってました。「ゲームウェーヴ」とか見てたしね。
 ここ一年でさらに芸に磨きがかかって、文句なし、断トツの優勝だと思う。客の反応からしてぜんぜん違うもん。最初から最後まで笑いっぱなし。だいたい漫才っていうのは徐々に徐々に積み重ねて加速していって笑いを生み出していくんだけど、彼らは最初からつかんじゃうもんね。
 ほんとすごいよ。正直漫才で、ネタでこんなに力があるとは思わなかった。昔は海砂利水魚(くりぃむしちゅー)のコピーだったのにね。ネタじゃ完全に追い抜いちゃったよ(笑)。

 歴代の受賞者、中川家、ますだおかだ、フットボールアワーと比べて彼らがいちばん違うのは、テレビで成功する素養を持っているという点。ネタだけじゃなくて、しゃべりの能力が高い。とくに柴田。いまは若手という枠だから、勢いよく元気よくって感じだけど、もうちょっと落ち着いたしゃべりも出来るようになれば、番組の仕切りを任せられる人材だと思う。これからどんどんテレビへの露出が増えることでしょう。

 そのほかのコンビの感想も。
 南海キャンディーズ。
 初めて見たんだけど、めちゃめちゃ面白かった。ツッコミのコは相当上手いよ。

 「中盤でトリッキーなことするなよ!」

 今日のイチオシ(笑)。
 純粋に漫才かというとちょっと微妙。でも面白いからいいか。
間はちょっと悪いところがある(女の子の方)。ネタのもっていき方、構成も良くない。もったいないなぁ。ネタの構成に関しては麒麟のほうがはるかに上手い。
 ボケの女の子のキャラクターに拠るところが大きいので、これからが正念場かな。単純にキャラを生かしたネタだけではなく、もうちょっと幅のあるネタが作れるかどうかだね。

 麒麟は、ツッコミのコの滑舌が悪いなぁ。二人とももうちょっと滑らかなしゃべりをしないといけない。ネタの作り方は上手いので、もうちょっと的確なしゃべりができればもっとドカンとウケると思う。

 笑い飯は期待はずれ。
 かわいそうなのが、過去2回の出場で強烈なインパクトを与えすぎた点。おんなじことをやらないようにして失敗した感じだね。ワンパターンになるのを本人たちが嫌った感じ。ちょっと生真面目すぎたかな。

 来年こそは笑い飯が優勝できるかなぁ。

posted by rino at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。