2005年03月31日

「甘い生活」



    

    著者: 弓月 光

    タイトル: 甘い生活 28 (28)



 「甘い生活」の最新刊を購入。

 大好きなんだよねぇ、このマンガ。もう何年連載してんだ? 15年? まだ中学生の時分に初めて出会って、あのころはそりゃあもうドキドキしながら見てましたよ(笑)。1年に2冊しか出ないのがもどかしいです。
 本当は全ストーリーを紹介してみたいのよ、ここでさ。メジャーなマンガではないから、このおもしろさを広く伝えたいのですよ。でも、躊躇ってしまうんです。



 だって、エロすぎるんだもん♪


 いや、エグ〜イ感じではないんですよ。あかるいエッチです。あくまでラブコメだし。しかも、主人公がエロいんじゃなくてその周りの女たちがことごとくエロいだけなんです!(汗)。主人公は被害者みたいなモンです。すっごく羨ましい情況だけど……(笑)。

 どんなマンガなのかを一言で言うと、前代未聞の「ランジェリー・マンガ」!
 主人公江戸伸介は無類の女性下着マニア。好きが高じて下着メーカー最大手の「ピクシー」で日々バイトに励む。ひょんなことからピクシーの会長に見初められ、下着作りに参加することに。
 じつはこの伸介には不思議な力があったのです。なんと手で触れるだけで女性を気持ちよくさせちゃうゴールドフィンガーの持ち主だったのでーす! っておバカでしょ?(笑) 嗚呼、このブログを覗いて下さった女性のみなさま、ドン引きね(汗)。
 そして彼の作る下着は彼の手の延長だったのです! 下着を履くたんびに女の子たちが「あはん、うふん」。やっぱ、女子ドン引き(笑)。
 伸介はまったく女性に興味がないってのがポイントね。伸介のおててに魅了されていろんな美女たちが彼を誘惑するのだけれど、彼は性知識そのものがないので当然上手くいくはずもなく、とくに彼のことが好きな若宮弓香はやきもき。

 なんといっても、弓月光さんの描く女性が素敵
 キモイといわれようと、ヘンタイといわれようとも、ヒロイン若宮弓香は私の理想の女性です!
 男はマザコンです。
 鬱陶しいなあ、と思いつつもいろいろお世話されたいわけですよ。看護婦が人気あるのもそれが理由なんじゃないのかな? 私は好きじゃないけどね。看護婦は相当乱れてるらしいから。とくに外科(ナースと結婚したYくん談)。わたしゃ、ゼッタイに彼女にはしたくないね。
 同じくマンガでいったら、「タッチ」の南ちゃんに当たるのかな。なんとな〜く、わかるでしょ? 男が理想とする女性像って。
 で、若宮弓香ですよ。
 美人、年上、世話好き、ちょっと純情、でもスケベ(笑)。
 サイコーじゃん♪ まさに男の理想がここにある。ロマンだよ、ロマン(←アホ)。
 弓月光さん、アンタはエライ! そろそろ還暦を迎えようってのに、こんなアホなマンガを書きつづけてるなんて。マジで尊敬してます。エロは偉大です。芸術です、文化です。

 マンガ喫茶ででもブックオフででもいいから、読んだってぇ〜。
 男は必読!
 女の子は、ああこんな下着あったらいいなあ、と思うはず。
 基本はドタバタラブコメだから、頭カラッポにして気楽に愉しめると思います。OL専用の下着から始まり、スーパーモデルを起用したファッションショーを町工場で催したり、ニューハーフの下着作ったり、アメリカ大統領夫人の下着を作ったり、国家反逆罪で捕まったり(笑)、この巻では妊婦用の下着に取り組んだり、でハチャメチャな感じ(←ハチャメチャって言葉、死語かも?)。とくにアメリカ編の荒唐無稽ぶりが好きです。殺しのライセンス、ならぬ、触りのライセンスって……。ほんとバカなこと考えるよなあ。
 あとは、エロに耐えられるかどうか。けっこう笑えるんだけどね。んな、アホなって感じで。タケノコとか上り棒とか、いちいちの表現が……。初めて読んだ人は画のキレイさとかけ離れたお下品さに、ズッコケることうけあい。でも、それさえ乗り越えられれば、くっだらねーマンガだなあと思いつつも、ハマるんではなかろうか。

posted by rino at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。