2005年01月06日

「TAXi 2」



    


    TAXi 2(期間限定特別価格版)




 しょーもない映画。

 
 こんなもんを見て喜んでるフランス人も相当知的レベルが低いね。

 日本人じゃなくて中国人じゃん!
 あいかわらず勘違いしている日本人像。わざと笑かそうとしてんのか? だとしたら、もっと救えねぇ。ぜんぜん笑えねぇ。「キル・ビル」でのタランティーノもそうだけど、薄っぺらなんだよね。やることがいちいち。こういうのがカッコいいと思っちゃってる。ほんと救えない。
 リュック・ベッソンって、どんどんダメになっていってるね。誰か周りの人間が言ってあげたほうがいい。とても「二キータ」「レオン」を作った人だと思えない。なんでこんなに発想が貧困で下品になっちゃったんだろ。

 劇中、いくつも笑かそうとしてるんだけど、間が悪くて笑えない。なんでこんなにスピーディーに録っていっちゃうんだろ。もっとちゃんと描けば充分笑える箇所がいくつもあったのに・・・。きっとフランス人には大ウケなんだろうなぁ。私にゃ、わからん。

 
 評価 ★☆☆☆☆

 「1」はもうちょっと見れたのになぁ。ヒドい作品だ。見終わったあとに何も残らん。いや、見てるそばから何も残んなかったけど。
 ストーリーも演出も、何もかもが安っぽく、いいかげんな作りで、駄作。唯一、キレイなおねぇちゃんが出てただけ。もっとおねぇちゃんが(お色気満載で)出てれば評価上がったんだけどなぁ(笑)。

posted by rino at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。