2004年12月22日

岩隈問題決着。




<オリックス>岩隈、希望通り楽天に移籍へ

 プロ野球・元大阪近鉄バファローズの岩隈久志投手(23)が合併球団のオリックス・バファローズ入団を拒否していた問題で、同球団の小泉隆司社長は22日、オリックスへの入団説得を断念し、岩隈投手を本人の希望通りに東北楽天ゴールデンイーグルスへ金銭トレードすることを決めた。
 この日神戸球場(旧ヤフーBBスタジアム)で会見した小泉社長は「岩隈投手を説得できず、彼の意思を尊重した。球界や本人の将来を考慮して、超法規的な判断をした」と説明。21日に宮内義彦オーナーが決断したという。
 宮内オーナーは「新球団(オリックス)発足には、前向きなチーム作りをして多くのファンに門出を祝っていただくのが重要」とのコメントを出した。この問題が長引くことで、球団のイメージダウンにつながることを避けたと見られる。
 オリックスは合併に当たって岩隈投手をプロテクト(優先確保)する手続きを行った。だが、岩隈投手は日本プロ野球選手会のストライキを巡る9月の交渉で、小泉社長が「選手の意思を尊重する」と口頭で約束したことを理由に反発。小泉社長と4度の話し合いを持ったが、楽天移籍を強く希望していた。【堤浩一郎】

 (毎日新聞)


 
 やっと岩隈問題が決着。
 ほんとオリックスは何考えてんだろね。客入らないよ、あんなこと続けてちゃ。
 「岩隈はわがままだ、けしからん」ってどっかのブログに書いている人もいたけど、ぜんぜん事の経過を理解していない。
 もともと合併したときに球団代表が近鉄の選手の意思を尊重するって明言しているし、そもそもプロテクトとか言って両チームの主力級だけを集めて、いらない選手は楽天に押し付けたんだぜ。なんだそりゃ、そんな横暴が許されんのか。だからプロ野球は嫌いだ。
 断言する、プロ野球に未来はない(とくにパ・リーグよりもセ・リーグ)。早けりゃ、10年でサッカーに抜かれるよ。ナンバー1スポーツの座を。
 これでも子供のころはプロ野球が好きだった。でもいまの情況じゃ、とても見る気にはなれない。
 大人になって気づいた、プロ野球は腐りきったところだってね。

posted by rino at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。