2005年04月26日

最近の音楽。



 最近、音楽情報に疎いです。
 聴くべきものがないのが理由。
 俺はメロディ至上主義だから、最近の音楽はメロディがないものばかりで困る。
 音は、ほんと良くなった。プロ・ツールズのおかげだかなんなのか知らんけど。
 凝ったコード進行の曲も増えたよね。
 でも、俺は歌える曲が聴きたいのだな。
 織田哲郎全盛時の「負けないで」とか「世界中の誰よりきっと」とか、オケはダサダサなんだけどね、いい曲だ。小室哲哉もやっぱり音はダサいし、しょーもない曲も多かったけど、いい曲もそれなりにあった。
 最近でいったら、「世界に一つだけの花」ぐらいじゃないかな。
 メロディの立った曲が減ったよなあ、と思うのは俺だけ? まあ、年取ったってことかもね(笑)。

 浜田省吾の新譜は良かったなあ。
 えーっと、なんだっけ? 番組名ど忘れした(汗)。テレビ東京でやってるチャート番組。
 それ見てて、ちょっと聴いただけで思わず口ずさんじゃったもんね♪
 「きみにあ〜いぃたぁくてぇ〜、うぉお〜ぅお〜お〜ぉお〜」
 う〜ん、わかりやすいメロディ。ハマショー、サイコー!

 洋楽もてんでわかんない。
 KASABIANをちょこっと聴いてみて、いいかも、と思ったくらいだな。
 アクセル抜きのガンズメンバーのバンドとして有名なVELVET REVOLVERは欲しいな。
 ガンズ好きってわけじゃなくて、ヴォーカルのスコットのファンなのよね。いいヴォーカリストだ。なにより俺はストーン・テンプル・パイロッツが大好きだからさ。ストテンは復活しないのかな? もう完全な解散か?
 Franz Ferdinand。洋楽系雑誌等で去年1年間のベストアルバムとの呼び声高いデビューアルバム。以前は、雑誌の評価なんてクソくらえって思ってたんだけどね、ストロークスを無視してちょっと失敗したから、とりあえず信用してみます(笑)。くるりの岸田繁も好きみたいだしね。
 そうそう、くるりといえば、Coccoとのバンド、SINGER SONGERの音源が来月出る。「初花凛々」。アルバムタイトルが「ばらいろポップ」というだけあって、ポップな楽曲。
 ゆったりとしたビート感に透明感のあるサウンド。くるりの真骨頂とも言える。こりゃ、アルバムも愉しみだな♪
 PVのラスト、こっこちゃんとしげるくん、二人はチューしちゃうの?(笑)
 ※「こっこちゃんとしげるくん」名義でタワレコ限定CDを出してます。




posted by rino at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4851426

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。