2005年06月13日

コールドプレイを語る。




 コールドプレイってそんなにいいか〜?


 
 ま、べつに悪くはないけどさあ、すっごくいいってわけでもないというのが俺の感想。
 
 初めて耳にしたのはいつだったかな?
 5、6年前だったと思う。
 レディオヘッドだなあ、トム・ヨークだなあ、って思った。本人たちはどー言ってるか知らないけど、紛れもなくレディオヘッドフォロワーだと思う。結成は1996年ということだし。
 「OKコンピューター」(1997年発表)があまりにも衝撃的で、あの当時、雨後のタケノコのようにレディオヘッドもどきが出現してたなあ(笑)。
 そのなかでもトラヴィスとかコールドプレイなんかがなんとか聴くに耐え得るものを持ってた。(そーいやトラヴィス、「ザ・マン・フー」買おう買おうと思いつつも結局未だに買ってない(汗))
 日本のバンドだと、くるりスーパーカーはもろレディオヘッド化したよね。

 アメリカで売れてるってのが信じられないな。アメリカ人、こーいう音楽は好きじゃないだろうに(汗)。なんだ、グウィネス・パルトロウの旦那だからか?(笑)

 コールドプレイって、俺にはU2+レディオヘッドにしか聴こえないのよねえ。
 それに、すっごくメロディがいいわけでもなし、すっごく音がロックしてるでもなし、なんか中途半端な印象しかない。
 でも、そういう音楽が売れるってのはよくわかる。未知の音楽に触れるときは少なからず拒否反応があるからね。それよりも広く馴染んだ感じのもののほうが受け入れられやすいのだな。

 たとえばリンプ・ビズキットなんかはレイジKORNのイイトコどりして、彼らよりポップに聴きやすく仕上げましたって感じだし。
 リンキン・パークもそうだよね。音楽自体はそれまでのラップロックを踏襲してるだけでたいしたことやってないんだけど、キャッチーさはあるから聴きやすい。そのかわり革新性は皆無。ロックとしての面白みは圧倒的に欠ける。実際、ショボイ音ですよ(汗)。

 売れる音楽ってのはコマーシャルであることだからなあ。
 あー、やだやだ、大衆性ってヤツは。
 俺は孤高でありつづけたいね。自分の耳で感じて、判断して、けっして与えられたものじゃなくて、自ら追い求めていきたいな〜、と。




アーティスト: コールドプレイ

タイトル: X&Y (CCCD)




アーティスト: コールドプレイ

タイトル: 静寂の世界




アーティスト: コールドプレイ, ベリーマン, バックランド, チャンピオン, マーチン

タイトル: パラシューツ


posted by rino at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。