2004年12月02日

だははぁ〜!



 すっかり忘れとったぁ!
 ニルヴァーナのボックス、昨日発売だったぁ!
 輸入盤は見かけたのよね、おととい。
 
 あ〜、金がねぇよぉ。
 外付けハードディスク買わなきゃなんないからなぁ、作曲用のさぁ。160GBが欲しくてさぁ、でも3万近いんだよね(^^;
 
 はぁ〜、き、きついっす・・・。


12/3追記
 
 おもいっきり発売日間違えてた(笑)
 1じゃなくて5でした(^^;

posted by rino at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パフィーモデルのアニメ高視聴率。



 女性デュオPUFFY(パフィー)をモデルにしたアニメ番組「HiHi Puffy AmiYumi」の放送がこのほど米国でスタートし、異例の高視聴率を記録したことが30日、分かった。米ニールセン社によると、19日の初回視聴率は、6〜11歳の子供部門で4・6%。放送する米最大のアニメ専門局カートゥーン・ネットワークは「普通1%台で始まる。スタート時としては開局以来最高の数字」と喜んでいる。
 番組は楽天家のAmi(大貫亜美)と皮肉屋のYumi(吉村由美)がスターを目指して旅する物語。メディアの注目度も高く、米各紙にも大きく取り上げられた。放送開始に合わせてニューヨークを訪れた吉村は、地下鉄駅やバスの車体の広告の多さに「まさかこんなことになっているなんて…」と驚いたという。
 
 (日刊スポーツ)

 
 ってほんとは昨日のトピックスだけどね(汗)。ま、いいか、たったの一日遅れだし。
 
 もともとパフィーの音楽ってアメリカでけっこうウケがよかったんだよね。
 ガービッジシャーリー・マンソンなんか、セカンドアルバム完成時の某ロック雑誌のインタビューで、アルバム制作中にパフィーの曲をよく聴いてたわよって言ってたし。
 ビートルズをパロった感じの曲や元ジェリーフィッシュアンディ・スターマーが曲を提供してたりで、音楽的に聴きどころがいっぱいあるんだよね。
 アニメ化のきっかけも、たしか局のプロデューサーがパフィーの曲を聴いて気に入って、っていう流れだったと思う。
 
 日本じゃもう売れなくなってるからなぁ(音楽好きではない流行りモノしか追わない一般人には良さがわからんのよ)。
 アメリカで売れて欲しいなぁ。英語以外の曲が売れるなんてことになったら快挙だよ。アメリカ人は自分の国の音楽しか聴かないから。
  

posted by rino at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

ケータイで読書が浸透中。



 「携帯電話で小説なんて読めないよ」。そんな中高年をあざ笑うかのように、ケータイ読書が浸透しつつある。文芸誌などを読まない若年層が、小説やエッセーを楽しんでいるのだ。出版社は携帯用に編集した「文芸誌」を次々に立ち上げ、「書店」にあたる運営会社も、音楽やゲームなどと並ぶ有力コンテンツになる手ごたえを語り始めた。
 
 本日の朝日新聞朝刊文化面より。
  

 オレにはできねぇ、そんな芸当(汗)。
 
 とくに「10代後半から30代の女性が支えている」らしい。
 女の子って、四六時中ケータイとにらめっこしてるから違和感ないのかもね。
 それに若い子はそんなに小説読まないから関係ないのかも。

 「DeepLove」に感動したとか本気で言っちゃってる子がいるから怖ろしい。
 たんなる素人のオッサンの書いた、そもそも評価するしないのレベルにない駄文。ちょっと立ち読みしたことあるけど、吐きそうになったもん。酷すぎて。
 オッサン、こんなの書いてて恥ずかしくないのかよ。気づかないんだろうな。自分が愚にもつかないものを書いてるって。無自覚であることは怖いね。
 内容がいくら安っぽいものでも文体いかんではより高次元のものになるんだけどねぇ。
 オッサン、救えない。綿矢りさが17で「インストール」書いたのとは大違い!

 感動しちゃってる子たちもなぁ、哀れ。
 まぁ、入り口としていいかもしれないけどね。
 小説ってもっとすばらしいものだよ。こんなもんを小説だって思ってほしくないね。
 学校の教科書が悪いよな。森鴎外とか取っつきにくい昔の小説じゃなくて、田辺聖子とか山田詠美とか載せりゃいいんだよ!
 そうすりゃ小説の面白さがわかってくれると思うなぁ。
(10代のときにはまったく小説の面白さがわからなかった人より(笑))

 っと、話が微妙にずれた。
 う〜ん、ケータイで読むって味気なくないかなぁ
 本のあたたかみっていうかさぁ、ページめくるときの感覚とか。なによりケータイのちっこい画面で見るのは読みづらいでしょうが。エッセイならまだしも、小説なんて無理だと思うんだけどなぁ。暇つぶしにダウンロードするっていうならわかるけど、真剣には読めないと思うんだけどなぁ。
 もう年なのかな?、若い子の感覚についてけないオレ(汗)。
 
posted by rino at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍なつみ紅白辞退。



 そら、辞退するしかないだろうなぁ。来年1月末まで活動を自粛するっていうけど、そのあとも風当たりはキツそうだなぁ。
 なんか魔がさしちゃったのかなぁ。べつにやんなくてもいいことやって。
 詩なんて書く必要性もないだろうに。彼女はそんなキャラなの? ファンではないから知らんけどさ。

posted by rino at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。